2009年05月30日

親父へ、感謝。

5月30日土曜日、本日は大、大、大大、大好きな「大安」であり、14回目の「おまんじゅの日」でした。そして、昨年以上に大盛況に終わり、朝から晩まで10年選手の依田誠を筆頭に、一生懸命仕事をして頂いたスタッフへは感謝の気持ちで一杯です。
本日は、お天気には恵まれませんでしたが、傘を片手に小山製菓のお饅頭を求め、長い時間並んで頂いた、お客様へは本当に頭が下がります。
小山製菓のイベントである「おまんじゅうの日」は、先代親父のお誕生日であり、57歳の誕生日を前にして亡くなり、先代女将である母親と親父の残した小山製菓で何か出来ないのかと始めた事がきっかけでした。
今から14年前を思い出すと、切なく精神的にもどん底をさ迷い続ける日々だった事が忘れられません。その気持ちを打ち消してくれたのが、「おまんじゅうの日」であり、あの時ドロップアウトする事無く、今までこれたのも親父のお陰です。14年も経ってしまいますと、世間的には先代の築き上げて来た小山製菓が消えかけてしまいますが、僕の心の中では一生忘れる事の出来ない事実です。
小山製菓のプロセスであり、小山製菓が産声上げ、38年の歴史の中の過程を何時までも「おまんじゅうの日」を通じて、お客様へ伝えて行きたいです。
親父有っての小山製菓だからです。
日々仕事が出来る事へは、深く親父へ感謝です。
本日は、はっきりしない雨でした。

本日は、雨でした。
posted by yoichi at 23:34| 夢日記

「おまんじゅうの日」。

毎年恒例の半額セール、「おまんじゅうの日」です。
何から何まで、通常販売している小山製菓の商品を全て半額で、セール致します。
更に、先着300名様に店頭にて焼きたての「やきそば」を粗品と致しまして、プレゼントします。
沢山のご来店を心よりお待ちしております。
posted by yoichi at 06:11| 夢日記