2009年11月06日

想い、考えている事かな?

11月6日金曜日、本日「仏滅」でしたが、お天気にも恵まれ、「全粒粉酒饅頭」を創り素晴らしい商品に仕上がりました。

小山製菓
1970年7月〜先代が始めました、地域密着方のお店です。
東京青梅市の美味しい水、澄み切った空気、癒しの山々が生んだ「酒饅頭」潰し餡、「全粒粉酒饅頭」漉し餡、「味噌酒饅頭」黒大豆味噌餡、「黒米酒饅頭」銀手亡餡、「いばら餅」潰し餡、「大福餅」潰し餡、「素甘」、「みたらし団子」、「黒糖饅頭」漉し餡、
上記の9種類を店頭販売しています。もちろん原材料は、小豆「北海道産」、小麦粉「国内産」、砂糖「国内産」、塩「国内産」を主力に日々環境の良い町、青梅市で製造しております。

和歩
2006年7月〜始めました、小山製菓の第2ブランドですがきっかけは小山製菓として食べたい商品をOEMで創って頂き、横の繋がりを大切に想っています。商品イメージは昭和を想いだすような、駄菓子系を販売しており、もちろん原材料は安心:安全な国内産原材料をふんだんに使用しております。
現在取り扱っている商品は「ふがし」、「焼き麩丸」、「鹽飴」、「黒糖飴」、「かりんとう」、「一口練羊羹」、「一口塩羊羹」、「久寿餅」等の卸販売です。

和会
2007年1月〜始めた会です。会の特徴は、年会費や入会金等を一切頂かず、毎月1回楽しく、元気良く、為になる事をテーマに勉強会を取り入れながら、異業種がそれぞれ交わり和む会です。ちなみに会費「4,652円」は、出会えた事へ「喜ぶ」、美味しい料理に「喜ぶ」、仕事が増えた事へ「喜ぶ」等の意味を込めた価格設定です。34回を終えた時点で100名以上の方に来て頂き、毎月確実に良い方向へ向かっていると想いますが。。。
来年度からはこの中へ「東京青梅ふるさとstyle」を取り入れ、更に個々が一生懸命創り上げた商品や企画等を販売して行き、更なる幸せを追い求めようと想っていますので、青梅市で日々頑張っている方がいましたらご紹介して頂きたく思います。

まめころころ
2009年10月〜始めました、つづらの和菓子代表「葛籠」と小山製菓代表社員「小山」のコラボレーション和菓子です。商品の基本は、葛籠さんが「美味しい和菓子」、「体が喜ぶ和菓子」、「マクロビオティック和菓子」等をテーマにレシピを考え、小山がその和菓子を創り上げます。商品が生きていますので、もちろん日持ちは致しませんし、主旨を理解して頂けないお客様への販売は遠慮させて頂いています。全てが手創りのため、商品の数量には限りがありますので、希少価値的な品々です。

株式会社 NIKO和
2016年迄には、立ち上げたいと日々想っている会社です。
何を事業展開して行くのかな?
きっと喜ばれるような事をしている会社になると想いますが。。。

最終章は2030年に設定していますので、残り約20年「7300日、175,200時間」です。

本日も素晴らしいお天気でした。
posted by yoichi at 20:54| 夢日記

素敵な、1日でした。

11月5日木曜日、本日は、昨日に続き「全粒粉酒饅頭」を創り、お天気と共に素晴らしい商品を創り上げる事が出来ました。
昨日までのモヤモヤも消え、本当に気持の良い日でした。
本当の意味で本日は11月5日「良いご縁」の日でありました。
実は2週間前、サンシャインでのイベントで始めてお会い致しました「鹿児島県の大、大、大社長」体もかな?笑
僕自身にとっては運命的な出会いを嵐のように感じ、少し離れたブースで鹿児島県の特産品等を展示されていましたが、商品の良さよりも社長自身に魅力を感じていました。
そして本日2週間ぶりにお会いする事が出来ました事へ感謝です。
非常にお忙しい方なので、中々お会いする事が出来ませんので、僕自身が大切に想っている仲間数人で、西麻布にあります「太陽人」で食事を致しました。
「太陽人」は沖縄料理のお店で、料理も素晴らしいですが何よりもオーナー「ゴットファーザー父」、代表取乱社長「バラドル店長」の個性が最高です。
「素敵な、1日でした。」とは、会いたい方に再開出来た事と最高の仲間、素晴らしいお店のトライアングルが良かった事ですね。
中々このトライアングルは揃いませんからね。
次回この形でお会いするのは、12月14日です。しかもスタートが22時〜
本日は、晴れでした。
posted by yoichi at 00:07| 夢日記