2009年05月15日

「ただ。。。する」「何となく。。。する」、もったいない。

5月15日金曜日、本日29回目の「いいごえんの日」を無事終了出来、(29)福の回数なのか、偶々の数字なのか分かりませんが、過去最高の来客数を更新致し、沢山のお饅頭が小山製菓から旅経つ事が出来ました。次回の6月15日は月曜日ですが、更なる新しい「良いご縁」がお客様と小山製菓で結ばれる事を今から楽しみにしています。
15日は、新町の「寿司正」が「助六寿司」「牛串」等を販売していますが、こちらも追加、追加で完売致しました。
今日はお天気にも恵まれ、従業員も楽しく仕事が出来、沢山のお客様にも喜ばれ、本当に幸せな一日で終れた事へ感謝です。

本日急きょ、東村山市で本格和菓子を営んでいます「餅萬」さんへお伺いし、4代目にお線香をあげさせて頂きました。
私は、餅萬5代目の深井さんと昨年よりお付き合いさせて頂き、私よりも若い5代目の深井さんには、私とは違う生き方のお菓子屋としての話を聞かせて頂き日々感謝しています。4代目の前深井社長は、東村山の西口開発には熱心に力を尽くされた方のようで、本日初めてお話をお伺いし、「チェンジ」する事への意気込みを肌で感じました。生前にお会いし、直接お話しを聞いてみたかったですが、3月15日に沢山の方に惜しまれこの世を後にしました。
今後は、5代目の深井社長と私は沢山の共通点が有りますので、今まで以上に深いお付き合いをさせて頂きたく想います。
「商売とは」「生きるとは」何だろう。きっとお金では買えない何かが有りそうです。「ただ何かをする」のではなく、世に何かを与え、世に何かを残さなければ人生はもったいないし、つまらないように強く想います。
本日は、精神的に最高な晴れでした。
posted by yoichi at 21:41| 夢日記