2009年05月27日

今は、シークレット。

5月27日水曜日、本日は「友引」と言う大好きな日で有り、良いお天気にも恵まれ、中学2年生の「職場体験」も無事2日目を終える事が出来、小山製菓の看板商品「酒饅頭」も最高な出来上がりで、素晴らしい1日に感謝致しますが。。。。。しかし、残念な出来事が1つ有りました。
それは、中学生が「職場体験」を終え、学校へ「本日終わりましたので、自宅へ帰ります。」という電話を私が学校へさせたところ、「明日から電話は要らない。」ということでした。
何故、生徒がお世話になっていて、生徒も変わろう(チェンジ)としていて、各会社(小山製菓)のスタイルの元で、子供達が1日一生懸命働き、電話をした事に対して嬉しさを感じないでいるのかが理解できませんでした。
こんな勝手な事を書いて、若造が何を「ぼやいているんだ」と想われるかも知れませんが、僕は何故昔の教師のように先生がもっと子供達と喜んだり、悲しんだり、前向きに一緒に行動を共にしないのかが不思議で堪りません。お願いです、学校も教師ももう少し変わらないと子供達の事が何も見えずに時間だけが過ぎて行くように想います。
今後も小山製菓としては「職場体験」を続けて行くつもりですが、学校側(先生)と民間会社(社会人)がもう少し上手に連携を取りながら変わって行かないと長続きしないような気もします。

本日のお題「今は、シークレット。」とは、5月24日日曜日「大安」の夜に時間が有りましたので、久しぶりにインターネットを拝見していたところ、凄い事に気付きました。そしてタイミング良く、5月25日月曜日の朝に電話が鳴り、そこから企画書創りに追われ、休日にも関わらず目を輝かせ、モーレツにパソコンを打ちまくりました。で、月曜日には企画書が先方に渡り、良い反応を得たそうです。本日は「友引」で有りましたので、先方より何度かお電話を頂き、企画書に満足して頂いたようで、来月早々から打ち合わせに入り、7月にはこの企画が大きく羽ばたき、秋までには今までに無い新しいスタイルが登場しそうです。
幼少時代は、本当に勉強が大、大、大嫌いで、本など一度も読んだ事が無く、中学3年生迄は自宅の机に座ることすら無かった僕ですが、中学3年生の夏に出会った一人の先生のお陰で、色々な事を学ぶことが出来、沢山の方とも出会う事が出来、この先生には、日々感謝しています。そして、僕の大切な師匠である、先生が今年の4月より青梅市の教育委員会にいますので、気になる方は是非、お会いしてみて下さい。(現場に復帰したらきっと、子供達、学校は変わるだろうな~と想います。)

今日は、沢山の事を書かせて頂きました。
本日は、晴れでした。
posted by yoichi at 21:28| 夢日記