2009年06月09日

6年目に突入、和菓子教室。

6月9日火曜日、本日はお天気にも恵まれ、沢山のお客様にも足を運んで頂き、今週は順調なスタートを切りましたが、何かが違うような気持ちで、日々足らない頭で独り考えています。
本日のお題であります「6年目に突入、和菓子教室。」とは、小山家の長女であります、和夏が2年生の時に小山製菓で「おまんじゅうを作りたい」と先生に相談したところ、是非やりたいという事で実現した事が、今年で6年目を迎え無事に1組目を終える事が出来ました。そして、その娘も中学1年生になり、中学校でも何か新しい試みとして、楽しい事をするようでしたら是非協力させてほしいと想います。
吹上小学校の2年生になりますと、授業の一環としておまんじゅうを作りに来ますが、何となく作るのではなく、学校では無い「楽しさ、面白さ、幸せ感、家族の団らん」という事をテーマにしています。この「和菓子教室」を通じて、子供達が楽しさを知り、自分で一生懸命作ったお饅頭を家族の誰かと一緒に食べ、会話が弾み、家族の絆が生まれ、日々笑顔で学校に来る事が出来たら幸せです。
その為にも、僕が小山製菓を継続している限り、続けて行きたい1つです。

本日は、晴れでした。
posted by yoichi at 23:07| 夢日記