2009年06月12日

未来の、お饅頭職人。

6月12日11時30分、只今無事に吹上小学校2年生の「和菓子作り教室」を終えることが出来ました。6年目の事もあり、小山製菓としても少しは、子供と接する大切さや、この教室をやる事の意味が従業員にも浸透したと想います。
現状は、吹上小学校のみですが、今後は私自身が青梅市に育ち、青梅市を愛していますので、もっと、もっと広がって行きたいです。
そして、お饅頭を創る事の楽しさをしった子供が増えれば、お饅頭業界もきっと明るく希望の光が差し込むような気がします。
商品を只売るだけでなく、もっと、もっと地域に根付いて、小さな活動を通じて楽しみたいです。
posted by yoichi at 11:35| 夢日記