2009年06月15日

希望の光、キラッかな。

6月15日月曜日、本日は毎月恒例の小山製菓イベント「いいごえんの日」であり、日中は雨も降らず、日差しも強くなく、最高のイベント日和でした。そして、区切りの30回目と言う事もあり、昨年を上回る沢山のお客さまで大盛況に終えることが出来ました。私自身の気持ちは、スタッフが早朝より一生懸命に、丹精込めて創り上げたお饅頭が遠くへ旅立つ事が何より幸せを感じます。お客様には日々、私たちのモチベーションを上げて頂き、更なる期待にこたえることが使命だと想います。
又6月16日、明日は「和菓子の日」でありますので、和菓子店巡り等をされると、きっと新しい発見があるかも。

本日のお題は「希望の光、キラッかな。」とは、二代目として後を引き継ぎ14年経ちますが、今年は何となく世の中が今までとは違う進み具合をし、本当に先があるのかと疑いたくなるような気持ちで2009年をスタートしましたが、日々何とか前年を上回って来ていますが、その手ごたえさえ感じずに商売をして来ましたが。。。
今年に入り、本日6回目の勉強を村山さんを交えて行い、何がダメで、何をしたいのか、何が足らないのか、何をどうするのかが少し見えてきたような気がしました。僕自身が安定しないと小山製菓の先どころか、明日も解らないようなブレの気持ちでは光など射すわけがありません。本日は、本当に貴重なダメ、ダメボタンを押して頂いたようで、気分がスッキリ大晴天のようです。少しづつですが、従業員:納品業者:家族をしっかりと守れ、自分自身がブレないように明るい希望、希望の光を射し続けて行きたいです。
悩まない:くよくよしない:下を向かないの、ないないないづくしを壊したいです。
本日は、精神的にはお天気に負けない青空でした。
posted by yoichi at 23:57| 夢日記