2009年08月29日

アドバイザーの選び方。

8月28日金曜日、本日は小山製菓にとって常に貴重なアドバイスを頂いている村山先生に来て頂き、お金をかけずにお店のイメージを変えて頂きました。
ちょっとした、いじりでお店は変わるものだなぁ〜と想いました。
来月からは本格的に経営革新をして行きますので、この時代に何処まで行けるのかが非常に楽しみです。
本日のお題であります「アドバイザーの選び方」ですが、昨日青梅商工会議所様での勉強会に参加させて頂き想った事ですが、中小企業診断士の先生やコンサルティングの先生は沢山いますが、選び方ひとつで随分と変わるものだなぁ〜と想いました。本来なら経営者として、我が道を想った通りに突っ走るのがベストだとは想いますが、今の時代商売が非常に難しく、物を販売するにしても販路の選び方ひとつで商売が傾いてしまう様な怖い時代でも有り、仕入一つにしても、アドバイスひとつで良い方向へ向かう事もあり、自分の商売に見合った適任者を選び、話を聞く事によって大分変る様な気がします。
僕が想うには、中小企業診断士の先生やコンサルティングの先生を選ぶときは、ご自分でもご商売をされている先生の方がアドバスとしたら、答えに重みがある様に想います。どうしても先生方の話は、個人店の方と企業の方を同じ目線で話をされますので、我々個人店では出来ない事を長々と話されているような気がします。
本日は、晴れでした。
posted by yoichi at 00:24| 夢日記