2009年09月12日

ぶれないテーマ「昭和のお饅頭」。

9月12日土曜日、本日も昨日に続き「いばら餅」を製造し、非常にモチモチ感が良く出て、昭和の味「ゆで饅頭」を思い起こすような商品が出来上がりました。
先代より、14年前に24歳で後を引き継ぎ唯一変わらない想いは、「昭和の時代」を感じさせるお饅頭を創り続けたいという事でしたが、この気持ちだけはブレルことなく頑張っています。
しかし、世の中では大福餅の中へクリームを入れたりと洋風なお饅頭が売れ出すと、僕自身も昭和生まれの平成育ちですから、心が動きだしそうな時も多々ありました。今でも洋風なお饅頭を食べると美味しいと想いますし、店頭での販売をしてみたい気持ちは御座いますが、ここは踏ん張りどころと気持ちを押さえています。
やはり、僕は僕で有り続けたいと言う気持ちが有ります。
本日は、新しい出会いも無く、新しい発見もありませんでしたが、従業員と共に1日を無事に過ごせた事が何よりです。

明日、9月13日日曜日は、埼玉県入間市「埼玉県入間市博物館の敷地内」で太鼓祭りが御座います。小山製菓の「酒饅頭」も販売されますので、お近くの方は是非、太鼓の素晴らしさをご観覧下さい。きっと心に何かが響くと想います。
本日は、曇りでした。
posted by yoichi at 22:08| 夢日記