2009年10月25日

いいねぇ。

10月25日日曜日、本日は朝から雨、雨、雨の寒い1日でした。そして暦は「仏滅」で、言葉に成らず。ぁ〜
しかし久しぶりに従業員全員揃いましたので、工場内は真夏気分で昨日に続き、本日も徹夜模様です。
10月30日より神楽坂で販売致します「今までにない銅鑼焼」の製造に追われています。
言葉に成らないくらい、美味しいです。
何が美味しいかと言いますとずばり「体が喜ぶ美味しさ」です。
口に入れた週間に美味しいと感じる美味しさではなく、何個で体が欲しがり、後を引かない味です。
このブログできっと食べたくなると想いますが、今しばらくお待ちください。
体が喜ぶ美味しい銅鑼焼のレシピを考えだした方は、知る人ぞ知るマクロビ和菓子の葛籠悦子「つづらの和菓子」さんで、創らさせて頂いているのは元気だけが取り柄の小山洋一です。
葛籠さんと小山のコンビは、物凄く笑いますね。
可愛らしく生き方が自然で物凄くセンスがあり、更に知的で頭もよく素晴らしい方と毎日楽しい事だけを考えて元気だけしかない不細工男の組み合わせです。
でも僕自身は、日々勉強をさせて頂き感謝です。
本日は、飴?だったらいいなぁ〜。
posted by yoichi at 20:03| 夢日記