2010年09月10日

秀さん。

こんばんわ。
書きたい事が溜まっていましたので、何度も何度も登場してしまいます、38歳の元気な小山です。
皆さんもお元気でしょうか?

「秀さん」。
名前は田中秀行さんで、小山製菓愛し40年間見守り続けて頂いています小山製菓の初代職人さんです。
先代の親父と共に小山製菓の初声上げ、良き時代も悪き時代も常に笑顔を絶やさずに小山製菓工場内にいます。
15年前、先代の親父が他界した際には「秀さん」に助けられ、今が有ります。そして僕は、父親以上に「秀さん」と共に長い時間を過ごして来ましたから。。。
とにかく言葉になりません。
命の恩人です。
年齢も73歳を超えましたので、体力的な事もあり最近では忙しい時だけしか一緒に仕事はしていませんが、時間がある時は工場によく来てくれます。
元気な「秀さん」が入院することになり、ショックshockしょっくの3連発、しかも9月8日「大安」に、何で何で何でです。
「秀さん」は、第二の父親的な存在ですからね。
「秀さん」頑張れ〜、頑張れ〜、頑張れ〜、負けるな〜!

しばらくの間。。。
小山製菓を築き上げた先代と秀さんの分まで頑張らなくては。。。
今こそ今まで以上に力を発揮しなければ小山製菓を継いだ意味が無くなりますからね。
本日も1日を無駄なく悔いなく後悔無く、意味を持って生きよう!
posted by yoichi at 01:37| 日記